Sound Monologue

arz - ART THEATER - リフレインを軸とした広い意味で電子音楽を作っています。Electro - Techno - Soundscape - Cinematic - Ambient - 環境音楽

Synthesizer

ThornCMを目当てにComputerMusicオンラインマガジンを買ってみたメモ

前になんかのソフトでこのオンライン雑誌買えば機能制限付きだけどお得なソフトが使える的な事を聞いていた事があってmusicradarとかでたまにちら見してたんですが、今回ちょっと興味があった音源がTwitterのTLで日本円で約600円くらいで手に入るぞ的な触れ…

High Sierra導入で(DTM関連)動作メモ

概ね自分所持の音源類の各メーカーサイトで動作がOKになってきたので年末に年始野休みにMacOS High Sierraへ移行しました。今の所動作的に問題の発生していない音源(あくまで個人の環境によるのであくまで参考までに)をメモ代わりに残します。 【マシン環…

フリーシンセ音源「Lokomotiv」- Native 64-bit, Mac and Windows OS supported

今回はArchetype Instruments というデベロッパーの「Lokomotiv」というフリーソフトシンセです。 完全64bitネイティブ設計で、Mac/Windows両プラットホームをサポート。アナログ・スタイルのソフトウェア・シンセサイザーで、UI的にもシンプルで解りやすく…

フリーのソフトシンセ音源 - OBXD - Emulation of famous OB-X, OB-Xa and OB-8 synths

【 DTMのプラグイン関連 - 不定期掲載 】趣味なので、あまりコストをかけずにという所から、フリーのプラグイン漁りは定期的にやる様にしてます。で一応自分でちゃんと使ってみて「これはいいんじゃない?」という物を掲載予定。私の環境がiMacでDAWがLogicP…

歴代の​機材達(楽器・シンセ等)

2014年春古い機材を一斉に処分し、iMac購入Logicも最新版へ移行。 コレを気に歴代の所持機材の記録を残そうとして作ったメモです。後々思い出したことやリンクなどを追記していきます。まぁ懐かしい系のネタにでもなれば幸いです。

タンスとヤグラ

昔、シンセ持ちのステータスといえば「タンス」、キーボーディストは「ヤグラ」を組むものと相場が決まっていた。各自、タンスの大きさや台数、ヤグラ構築の複雑さや配置、美的な部分も含めこだわりを持っていた。 かくゆう私も「タンス期」から「ヤグラ期」…