読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sound Monologue

arz - ART THEATER - リフレインを軸とした広い意味で電子音楽を作っています。Electro - Techno - Soundscape - Cinematic - Ambient - 環境音楽

Soundcloudを活性化させようと試行錯誤中

音楽 Soundcloud note.mu アカウント削除 サウンドクラウド 活用方法 自作曲掲載

f:id:arzdigdig:20150531150240j:plain

直近まで日本のSNSで note という所を中心に活動をしていたのだけれど、色々とバグ以外にも運営の方の問題が多く露呈(著作件侵害コンテンツ野放し、有料コンテンツ出品の際のバグ、不行き届きなチグハグなCS対応、問い合わせ無視等)してきたので、良い機会なのでnote内でも活動を見直し他のSNSへ活動を分散させようと模索中です。すったもんだ部分は私は当事者ではないのだけれど…。
現在進行中のすったもんだに関しては下記を参照下さい。

 で本題はnoteの事でなく、サンクラを少し活性化させようと2週間程前から、使い方を改めて調べたりサイト内で告知宣伝活動をしています。幾つかの事を行った事で大幅に視聴数とその他アクション(Love / Repost / Download…etc)も増えました。
残念ながら、絶対数がまだ少ない駆け出しの私では具体的な数字例として出すことは出来ないですけど、管理画面のアクションの数値グラフを一例として参考掲載。今月後半の伸びが今回の効果ですね。f:id:arzdigdig:20150531151130j:plain

それでザクッと何をしたかは以下。

  • キーワード選定(ジャンル名・ハッシュタグ等)
    英語圏のサービスなので、中で使われる名称やキーワードも英語です。和製英語とは異なるのでリサーチが必要。自分にあったキーワード見つけ、曲・ソングリストへのハッシュタグやタイトル、説明等に付与していく事でサイト内検索への対応。

  • Groupへの曲の投稿
    上記で調べたジャンル名やキーワードを使って自分と同じ趣味の人が集まる所をみつけ、そこに曲をポストしていく事をする。やみくもに投稿するのではなく、必ずそのGroupの曲も聞いて、実際自分の音がそこに投稿して問題ないかチェックはします。あとは注意書きが書いてある場合もあるので、ジャンル名以外で記載があったら、なるべく翻訳ソフトの力を借りつつでも内容を把握したほうが良いと思う。そうでないとスパム扱いになってしまう場合もありそう。

やったのは主にこの2つ。
他にはTwitterにシェアする事くらい。

上記を行って、サンクラ内でソングリストを積極的に作ってシェアしている人に気に入られて、そこから爆発的に(あくまで自分比)に反応が増えた感じです。

嬉しいのは曲へのコメントが少しながら付いたこと。だけど正直僕は英語出来ないんでWEB翻訳や辞書を併用しつつ返事も書くように努力中。英語のオンラインスラングも有るからそれらも覚えないと全くイミフな物あるんですよね。中でも一番嬉しかったのは”This song is amazing. I'm listening to it over and over!”てコメント。やはりこういうコメントが貰えれば、作った甲斐があったてもんです。

ここで探したGroupは、自分と同じ音楽の趣味ということでインプットという意味でもGroup内の曲を聞く事は刺激になりますね。まぁ実際にコンスタントに曲をアップしていくのはなかなか大変ではありますが、無理のない範囲で楽しみながら制作に勤しみますかね♪

PS:Twitterでもコメ欄でも良いのでこんな宣伝方法有るとかシェアし合えれば有り難いです。

arzdigdig.hatenablog.com